お知らせ

楽器はいつ用意すればよいですか

【2017年04月18日】

体験レッスンが続いています。

レッスン中はじっと見守って下さり、

お子様が恥ずかしがって動けない時は

さり気なく一緒にやってくださっていたママ

もいらっしゃいました。

 

そのママが

「ピアノはいつ用意すればよいですか」と質問。

 

楽器は最初からあれば一番良いですね。

グランドピアノがあれば言うことなし、なのですが。

でも、大抵はレッスンが続けられるのか、

きちんと様子を見てからでないと楽器は用意できない。

というお考えのお家もあるようです。

安くない買い物ですから、

よく時期も選んで決めていただきたいと思います。

 

せきもと音楽教室ではピアノを推奨しています。

中古でもよいのでピアノをご購入いただきたいのです。

 

私の先生や講師のお仲間は、

「自転車の練習をするのに三輪車は使わない」

「お習字の練習に筆ペンンは使わない」

という話をよくします。

 

キーボードや電子ピアノでは

鍵盤のタッチも全く違いますし、一番大切な音が違います。

「倍音」と言って、弦どうしが響き合って鳴る

独特の音が出せるのがピアノです。

 

一番大切な時期に是非、ピアノで勉強させてあげてほしいです。

耳作り、指作りは小さい時期を逃すと

直すのに更に時間と労力が余計に

必要になります。

直らない

直すのを諦めてそのまま、ではもっと大変です。

せっかくピアノを習っているのに…

 

良い指、良い耳はお子様の財産になります。

目で見えない、それこそ耳で判断しなければならない事

ですので、慎重にお考えいただきたいと思います。

 

 

 

<お知らせ一覧>

 


講師プロフィール

生徒様&保護者様の声

よくある質問

ブログ

ギャラリー