お知らせ

早く始めた方がよい?

【2014年10月2日】

きょう、運転しながら聞いていたラジオで、「水泳の萩野選手は生後6か月でプールに

入ったそうです。今アジア大会に出ている水泳の選手は、ほぼ3歳までにプールに

入っているそうです。」「北島選手は5歳から、と言ったら遅ーいと皆から言われたそうです。」

というような内容の事を言っていました。

すごいなー 🙂 音楽も同じ…と思いかけて 「ん?ちょっと違う」と思い直しました。

(簡単に音楽と比べられませんが)

世界的な競技会に出るという事は、世界的な音楽コンクールに出るということになるでしょうか。

そういう意味では早く始める、ということは感覚的、身体的、脳の働き等 よいことが

あり本人も楽な部分があると思います。一般的にも「☆歳までにやらないと~」という

声を聞くことがあります。

 

スポーツは1位2位とはっきり結果が出ます。

そして音楽もコンクールやオーディション、歌唱大会等順位が決められます。

 

でもでも、音楽は「私は2位の人の演奏が良かった」「私はこっちの人の

演奏が好きだな」なんていうことがあるんですよね 😛

ですから今や、色々なタイプ・性格を持ったコンクールがありますから

通らなかった、合格しなかったと落ち込まないで、と思うのです。

スタートが遅かった人の演奏がよくない、ということも絶対ありません!

小学校高学年や中学校に入ってから始めた生徒さん、表情豊かな演奏に関心

したことが何度もあります。

プロの方も 本当にいろいろな方がいらっしゃいますよね(*^^)v

 

レッスンも十人十色。 でも、スポーツも音楽も一つの目標に向かって

つき進んでいく、というところはいっしょですね(*^▽^*)

 

<お知らせ一覧>

 


講師プロフィール

生徒様&保護者様の声

よくある質問

ブログ

ギャラリー