お知らせ

この夏の挑戦!

【2017年08月24日】

この夏は、

ピティナのコンペテイション、グレンツェンなどの

ピアノコンクールに挑戦された生徒さんが去年より

多かったと思います。

 

自分の思うように弾けた生徒さん

思うようにならなかった生徒さん

コンクールは結果が目に見えて、点数などでも

はっきりとわかります。

思うようにならなかった生徒さんはショックを受けます。

お家の方もです。

でもその結果に振り回されないで欲しいのです。

 

ある審査員の先生がおっしゃいました。

「コンクールの結果は皆さんが今まで頑張った結果です。

だから、今日の結果にこだわらないで明日からまた

次の目標に向かって頑張ってほしいです。

今日の結果が良くても悪くても、引きずらないで

頑張ってね」

印象に残った言葉、その通りだな、と思いました。

 

コンクールは長い音楽人生の中のほんの一つの

通過点だと思います。思い通りに合格の時もあれば、

そうでない時もあります。どちらの時もよく自分を

振り返って研究してほしいです。逃げないで、

自分が良いときと悪い時、得意なこと苦手なこと。

そうじゃないと、受けた意味がないのです。

ですから、コンスタントに受ければ色々な自分が

見えてくると思います。

 

でも、そう簡単に行かない時もありますから…。

自分から逃げてる以外で「やっぱり無理だね」という時や、

受けたくない生徒さんには、勧めません。

かえって逆効果になります。

 

でも受けると本当に見違えるように上手くなる、

意識が上がるのは本当です。

 

ですので、よく相談して決めることにしています。

 

 

ピティナコンペでは、皆賞をいただきました。

グレンツェン優秀賞おめでとう!
この夏の挑戦は終わりました。

次は何を目標にしましょうか。

 

 

 

<お知らせ一覧>

 


講師プロフィール

生徒様&保護者様の声

よくある質問

ブログ

ギャラリー